お問い合わせ

仕事と家庭の両立支援

パートナーと家事をシェアしたいと殆どの女性が望むことですが、現実は思うように進みません。
男性は家事に進んで関わることによるメリットを享受し、女性は偏った負担感から解放され生産性が向上する。
仕事と家庭の両立支援は、多様な人材活躍や離職防止にもつながる経済的合理性にかなった取り組みになります。

講座工程と仕事の関係性

家事講座の内容は、家事だけでなく仕事をする上でも役立つ学びが得られるようにしています。
どちらも生活に必須だから、家事を仕事に、仕事を家事に役立つように関連付けます。
失敗からしか学べない時代に、出来ないことを肯定して楽しむことで、家事での気付きは仕事にフィードバックされます。

【1】カードゲーム
家庭で発生するランダムな状況を想像力を働かせて説明しますが、意識や知識が足りないと上手く出来ません。
仕事でも発生する不測の事態に対する気付きや、備えのきっかけになります。

【2】家事の見える化/作業分類
先ずは、家庭で行われている作業を洗い出し、見える化して、作業ごとに分類します。
仕事ではニーズの洗い出しを行ってから、カテゴライズする作業に似ています。

【3】時間/費用を見積る
家事を効率的にこなすため、1つの作業にどれくらい時間が掛かるのかを認識します。
仕事では納期や予算を決めるためには、工数を見積り、段取りを考えることが必要です。

【4】作業を組み立てる
見積もった家事作業を効率的な組み合わせます。これができないと遅刻や、睡眠時間が削られる原因になります。
仕事では、効率を考えマルチタスクに作業を進めたり、どう関わるかのポジショニングを決めたりすることに似ています。

【5】発表
他人の家の事は知る機会が少なく自分流・実家流なので、情報交換をして、気付いて、自身の家事に役立てます。
仕事では、気付きから相互学習・相互理解をして職場環境を改善したり、マーケットイン・ユーザーインを考えたり、発想の転換を図る作業です。

講座の効果

・マルチタスク能力が上がり、働き方が効率的になる。
・男性も家事シェアで早く帰る必要ができ、自発的な効率改革がすすむ。
・パートナーの気持ちを理解することで、お客様・ユーザー・同僚の気持ちの理解に繋がる。
・人を思いやる気持ちが育まれ、職場の雰囲気が改善される。
・退職後のパートナーとの関係維持

ご提供できる講座

・ワークとライフをブレンドするセミナー

・休業を有効活用するための家事講座

・家事から学ぶ仕事セミナー

・名もなき家事見える化ワークショップ(coming soon)
  など


 

 

特徴

日本では、家事を含めた無償労働負担が女性に偏り過ぎていることが大きな問題です。
この問題は、ただ休日を与える、ただやり方を教えるアプローチでは解決していきません。
何が問題なのかを認識し、仕事と家事の共通点を具体化することで家事シェアは進み、女性活躍の環境が整っていきます。

企業では、多様性&包摂の考え方に基づき、一人一人の個の違いを認め、尊重しながらの協働が進められています。
その一方で、家庭内の家事ではどうでしょうか?
男性も女性も意識改革をすることで、働きやすい家庭内の環境を整えましょう。

カジオスでは、家庭により状況が異なる仕事と家事の両立支援のために、ヒントが学べる講座・セミナーの提供を心掛けています。

【人生100年時代を生きるために】

ライフプランも支援

定年退職後が余生ではなくなり、生涯労働時間より長い自由時間を過ごす事になります。
会社とは異なる原理で動いている地域社会や家庭を理解し、課長や部長の「肩書」を捨て臨まないと、感情的窮地に陥ります。
最適な解答は瞬時には得られず、長い時間を掛けて軌道修正して行かないといけません。

家事をできることは、家庭で自律した生活が送れるだけではありません。
家庭を知る事で地域の共通言語を理解し、地域で会話できるようになり、地域での役割が明確になってきます。
生活圏域の空気を感じ、自らの意志で参加し、役割を見付けて行かなければ自宅に引き籠る事になります。

ライフプラン研修に家事を加える事をご検討下さい。

お問合せ・ご質問について

問合せフォーム又はお電話で問合せ下さい。
ご希望に沿った講座内容をご提案させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

048-234-1617
勧誘のお電話・メールはご遠慮下さい。
Scroll Up