お問い合わせ

コロナフレイル対策の家事講座

少子超高齢社会では、事後対応から予防の考え方に切り替える必要があります。
コロナ禍によるステイホームは、高齢者のADLや認知機能を一層低下させコロナフレイルを発生させています。
料理は、脳の前頭前野を活性化する事で認知症予防効果が期待できそうです。
掃除は、安静時と比較して数倍のエネルギーを消費する身体活動になります。
高齢者の方が自宅に籠っても、日常生活に不可欠な家事に取り組める様にする事で、機能を活性化させ健康寿命の延伸に繋げます。

高齢者に特化した家事講座

男性が定年退職すると、自宅に籠りがちになり社会参加しない人が多いとよく耳にします。
フレイル予防には運動より「社会参加」が効果的ですが、高齢者向けの講座の参加者は殆どが女性で、男性を増やす方法に頭を悩ませているとも聞きます。
リスクや理論を起点にした栄養や健康の押し付けでは、積極的な参加意欲には繋がりません。
そこでアプローチを少し変え、カジオスでは料理や掃除の家事を手段として使い、楽しむプログラムを展開する事で自発的な参加者を増やしてきました。
仕事で身に付けた「仕事力」を、家事をこなす「家事力」に変換する事で、楽しみながら講座に加わり健康寿命の延伸に繋げます。
フレイルチェックなどを行い、最重要視されている「社会参加」でフレイルの経年変化(低下防止)対策を検討中でしたら、カジオスをご活用下さい。

男性の家事への興味付け → 家事スキルを身に付ける → 自宅での自律生活 → 家事スキルによる地域での役割 → 地域資源として活躍 → 生き甲斐 → 健康寿命

フレイル予防につながる家事教室

提供する内容

【座学】
料理、掃除、洗濯などの家事に興味を持ってもらうための内容が中心です。
最初に個別のスキルを教えても、興味がなければ参加が継続しませんし、自宅生活に反映もされていきません。
これから始める初心者の方をメインターゲットとして、実習・実験を交えた楽しめるプログラムです。
男性は理屈好きで、知的好奇心も旺盛ですから、男心をくすぐりながら家事参加を促します。
先ずはマインドセットを変えるところから始め、講座の効果を高めます。

【実習】
料理、掃除、洗濯など家事の個別のスキルをお教えします。
マインドセットからスキルセットという流れになります。(それぞれ個別にも対応可)
日々の自律生活の実現に役立ち、楽しく家事に取り組むヒントを詰め込んだ内容です。
誰にでも簡単で楽しく役立つスキルを中心に、これから始める初心者の方にお教えします。

フレイル予防につながる家事教室

フレイル予防につながる家事教室

参加者の声

  • 一人で料理が出来る様になって楽しくなりました
  • 妻に尻を叩かれ参加したが、結果良かった
  • 電子レンジの簡単料理には助かっています
  • 一人でも生活できる力がつきました

    特徴

    ☆ 家事を手段として使い、楽しみながらQOL維持や健康寿命延伸の実現を目指す。
    ☆ 生活に必須の料理や掃除を活用して、集いや社会参加などの活性化にも繋げる。
    ☆ 家事を「して差し上げる」のではなく「自分で出来る様になって頂く」支援。
    ☆ 男性高齢者が老々介護、独居になった時の備えとしても有効。

    コロナ収束と共に、高齢者の機能低下による問題(対策/社会保障費上昇など)が顕在化します。
    自宅に居ながら家事をする事で、後追いではなく保健的な高齢者の方への対応になります。

フレイル予防につながる家事教室

 

問合せ・質問について

問合せフォームや電話で問合せ下さい。
ご希望に沿った講座内容をご提案させて頂きます。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

048-234-1617
勧誘のお電話・メールはご遠慮下さい。
Scroll Up