お問い合わせ

フレイルは確かにある実感と数値

家事を楽しむ男を増やす!

男の家事教室・カジオスの尾上です。

54歳ですが、入院して自身のフレイルが心配だと7月17日のブログに書きました。

その後の状況がどうか?について報告します。

7泊8日の入院から1ヶ月が経ち、もう運動してもイイですよ!と病院で言われました。

運動したくてウズウズしていたので、いつものコースをジョギングしましたが、愕然となりました。

半分の距離も走れず、それも相当ゆっくりのペースでしたが。

息が続かないし、脚が上がらないし、痛くなるしで、途中から歩きました。

普通に生活している時は気付きませんでしたが、負荷をかけたから顕著に現れました。

大人しく籠っている生活が、まだ若い!?私の機能をこんなにも低下させるんです。

因みに、昨日の私の体年齢です。体重計が壊れている可能性は否定できませんが(^^;

他の数値は以下の通りですが、やはり入院前後で低下しています。

【体重】入院前 → 退院後

【基礎代謝量】入院前 → 退院後

話しは変わり、『スマホ脳』という本を読みました。

これもまた衝撃的な内容でした。

余談ですが、同じ著者の『BRAIN一流の頭脳』も面白いです。

コロナウイルスの感染脅威が収束しそうにありません。

人が家に籠り、スマホを多用する世界って恐ろしいと思っています。

外出規制で家に籠った高齢者がテレビを見て過ごす生活も、同様のリスクがあると思います。

身体機能も認知機能も。

私は体に負荷を掛けてみたから機能低下に気付きましたが、気付いていない人が沢山いると思います。

特に高齢者。

社会保障費、介護給付費は本当にヤバい状況になっていると思います。

自身の気付きと重ねてみた雑感です。

カジオスは、料理や掃除の家事を手段として使い、社会保障費の上昇抑制、男女共同参画社会の推進に貢献していきます!

ブログ
お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

048-234-1617
勧誘のお電話・メールはご遠慮下さい。
Scroll Up