お問い合わせ

代表挨拶

カジオス®代表 尾上元彦

「授人以魚 不如授人以漁」は老子の言葉です。

魚を渡せば1日は食べられるが、漁の仕方を教えれば一生食べられる、という意味で、カジオス®の想いと重なります。

何かを「して差し上げる」事より「出来る様になって頂く」事の方が有意義だと考えているからです。

2011.3.11 東日本大震災の経験から、料理や掃除の家事が人を元気にする効果に気付きました。

健康寿命延伸、男女共同参画、健康経営などが重視される時代になり、その1つの解決策が、男性が料理や掃除の家事を多能工的にこなせる様になる事です。

共働き世帯数が専業主婦世帯数を上回って20年以上経ちますが、男性の家事時間は20分も増えていません。
今の日本では家事の8割以上を女性が担っていますが、老々介護や独居で男性が行う事になった時、すぐに出来る様にはなりません。

家事シェア、老々介護、独居。
これからは年代を問わず、男性にも家事能力が必要な時代になります。

女性目線では響かない家事参加を、男性目線で、楽しく、解かり易く男性に促す事で、社会に貢献する事が、カジオス®の使命だと考えています。

取得資格

調理師/クリーニング師/ハウスクリーニングアドバイザー/介護職員初任者研修課程修了/福祉住環境コーディネーター2級/整理収納アドバイザー2級/けんかつ市民講師/メンタルヘルス・マネジメントⅡ種/職長・安全衛生責任者/有機溶剤作業主任者/乙種第四類危険物取扱者/

所属団体

朝霞法人会 /志木市商工会

付録

3.11 東日本大震災は、単身赴任中で、宮城県大衡村の自動車製造工場の二階にいる時に発生しました。
床が抜けるか、天井が落ちるか、どちらかで本当に死ぬと思いました。
幸いに、完成したばかりの工場は頑丈で、ケガ一つありませんでした。

その日の夕方、よく食事に行っていた同年代のご夫婦がやっているお店に立寄ると、床には食器類が散乱し、ご夫婦は呆然としていました。
片付け・掃除を手伝い、店の中が綺麗になってくにつれ大将の気持ちが前向きになり始め、その夜、冷蔵庫にある食材で炊出しをする事を決めました。

3.12から炊出しを始めると、私と同じように前日は死ぬと思ったであろう被災者の中に、温かい食事を食べ笑顔になる方がいました。

掃除で心が前向きになり、料理が栄養面だけでなく精神面でも人を元気にし、笑顔にする。
震災で目の当たりにした光景は、料理や掃除の家事が持つパワーを私に教えてくれました。

日本では、家事の8割以上を女性が担い、その時間配分の7割を超える部分が料理と掃除に割かれています。
本来は人を元気にするはずの家事が、現代では人を不幸にしつつあります。
共働きでも家事シェアが進まない事による女性の負担増加。
定年後も変わらない家事の女性依存。
家事の出来ない男性が直面する老々介護や独居 など

これら全て、男性が料理や掃除の家事が出来れば解決する問題です。
料理は認知症予防になり、掃除は有酸素運動というオマケまで付きます。
そうすると、超高齢社会で問題となっている社会保障費膨張が、健康寿命延伸で抑制できます。
その事で、将来ある若い世代に社会保障費負担で押しつぶされず、希望の持てる未来を提供できます。
高齢者にとっては、健康が続くという事は、自分の好きな事が出来る自由な時間を長く持てるという事になります。
スポーツクラブやゴルフの様に出費しなくても、家で必要な家事をするだけで済みます。

3.11の後、ガソリンが手に入りませんでした。
1週間以上してガソリンが手に入り、食材を買い込み、仕事をして貰っていた石巻の工場へ陣中見舞いに出掛けました。
その工場では、津波が運んで来たヘドロをスコップで掻き出していました。
食料もままならない中で、泥だられになりながら。

帰ろうとすると、一人が、もっと酷い所が有るから見て行けと言います。
「あなたの人生にとって必ず役に立つから」と。
津波で命に係わる様な被災をし、復興する為に大変な思いをしている中で、他所から来た私に。
この衝撃的な一言で、一生懸命やれば自分も何か出来るのではと思い、『起業』を意識する様になりました。
同年7月6日に、株式会社コンバート・ワンを登記し、長年携わってきた工業材加工品卸の会社を始めました。

団塊の世代の男性が定年を迎え始め、暇を持て余したり、引き籠って健康を害した、という話を見聞きする様になったのをきっかけに、3.11の体験から、男性に家事を教える事業を構想し、2017年にカジオス®事業を本格的に始めるため、ホームページを立ち上げました。

まだまだ、日本では、男性が家事をする文化は定着していません。
20年以上前に、共働き世帯数が専業主婦世帯数を抜き、今では2倍になっているのに。
相変わらず、男性が家事に携わる事を「家事を手伝う」と言います。

男性が外で稼ぎ、女性は家を守る、という時代ではなくなりました。
定年退職すれば、尚更の事です。
せめて、共働き世帯では、女性の社会進出先進国のアメリカの様に、男:女=1:2くらいには家事分担できるのが良いのではと考えています。

男性が長時間労働で縛られている状況はあると思います。
もしかすると、人員削減で1人が背負う仕事量が増えているかも知れません。
ただ、全ての会社がそうなっているとは思いませんが、働き方改革で残業規制や有休消化が推進されています。

女性は、家事分担を切に願っています。
その証拠に、私に連絡を下さる担当者は、殆どが女性です。
(この後 工事中)

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

048-234-1617
勧誘のお電話・メールはご遠慮下さい。
Scroll Up