お問い合わせ

代表挨拶

カジオス®代表 尾上元彦

「授人以魚 不如授人以漁」は老子の言葉で、魚を渡せば1日は食べられるが、魚の捕り方を教えれば一生食べられる、という意味です。

「与える・教える」事より「ハウツー」は大事だと思いますが、カジオス®ではもう少し先の「自律へと導く」ことに価値があると考えており、男性に対して家事に対する興味付け、自ら考える内発的動機付けに繋げることに重点を置いています。

料理や掃除の家事は、意欲向上などのメンタルと、身体活動としてのフィジカル両面への効果が期待できます。

女性目線だけでは進められない男性の家事参加を、男女間の緩衝材となり、男性目線で仮説・検証などのビジネスプロセスも取り入れながら、楽しく、解かり易い講座や個別指導を心掛けています。

カジオスは、料理や掃除の家事を手段として使い、活力ある社会を創造していきます。

家事、家事シェアに関する相談・お悩みなどありましたら、お気軽に問い合わせフォームからご連絡下さい。

取得資格

調理師/クリーニング師/ハウスクリーニングアドバイザー/介護職員初任者研修課程修了/福祉住環境コーディネーター2級/整理収納アドバイザー2級/メンタルヘルス・マネジメントⅡ種/職長・安全衛生責任者/有機溶剤作業主任者/乙種第四類危険物取扱者/けんかつ市民講師 ほか

所属団体など

朝霞法人会 / 志木市介護保険運営協議会委員 / IOGジェロントロジーネットワーク

家事について想うこと

2011年3月11日の東日本大震災に単身赴任中の宮城県・大衡村で遭遇しました。
その瞬間は、山間部にある自動車製造工場の二階におり、激しく揺れ続ける中で、人生が本当に終わると思いました。
幸いにも完成したばかりの工場は頑丈で、怪我一つありませんでした。

工場からの帰り、よく食事をしていた同年代のご夫婦が営むお店に寄ると、ほとんどの食器類が床に落ちて割れ散乱し、ひどい状況でした。
落胆しているご夫婦と一緒になって片づけを手伝っていましたが、店内が片付ききれいになるにつれ、ご夫婦の気持ちが前向きになるのを感じました。
そして、その震災当日の夜、電気もない真っ暗闇の中で、ご夫婦と翌日から炊き出しを始めることに決めました。
幸か不幸か、その日の昼間に仕入れをしたばかりで、冷蔵庫の中にはいっぱいの食材が詰まっていました。
幸運にも水道は止まっておらず、プロパンガスの地域でした。

3.12に始めた炊き出しは、雪がちらつくような時期だったことと、手持ちの食材で少しでも長く続けられるようにと汁物にしました。
お店の前に鍋を出し1杯ずつ渡しましたが、食べている人達を見ると、笑顔になっている人、嬉しそうに家族で話をしている人達がいました。
同じ地域の人達ですから、前日には私と同じように、人生が終わると思ったであろう人達がです。
想定以上に好評で使い捨ての容器が無くなってしまい、2回目からは自宅から器を持ってきてもらう事にしました。

店の中が片付いたことで気持ちが前向きになり、炊き出しを始めようと考える。
温かい食事を食べて、栄養面だけではなく、笑顔になるほど精神面からも元気になる。
この東日本大震災後に目にした光景は、掃除や料理の家事が持つ人を元気で幸福にする力を私に教えてくれました。

この頃は、団塊の世代が定年退職し、図書館や公園などで多くの男性高齢者を見かけるようになっていました。
夫が原因で心の病気にかかる「夫源病」という言葉もできてきました。
奥様方には友達とのランチや習い事で楽しい時間帯だった昼間が、ご主人の昼食を用意するため拘束されます。
一生懸命働いてきて、退職したら病気の原因にされてしまうのでは堪らないですね。

家事についてい調べてみると、諸説ありますが効能が見えてきました。
料理の作業は前頭葉を活性化させ脳に良いや、食材をスーパーに行くことが運動だったり、身体活動強度がカーブスに近い掃除もある等です。
ということは、定年後の男性が料理や掃除の家事をすることで、健康を維持できるのではないかと考えました。
奥様方に自由な昼間が戻り、「夫源病」対策にも効果がありそうです。
カジオスの講座で肌感はありましたが、定量的なデータ測定を行ってみると、気分状態がポジティブに変化することも見えてきました。

すべての方がとは言いませんが、図書館や公園にいる男性高齢者は時間をつぶしているのでは?と思うことがありました。
しかし、行政の方からは、教室や講座を開いても男性はほとんど参加せず、男女比は1~2:8~9と聞かされました。
囲碁や将棋の講座には参加するけど、料理となると参加率は低いようでした。
そこで、いくつかの料理教室を体験してみました。
前で優しい女性が、パズルの組み立て方を教えてくれるように、順序立てて、分かり易く作り方を教えてくれる教室でした。
普通の教室はこういうやり方をするのだ、というコントロールができました。

家事教室を行う上で幸運だったのは、掃除や洗濯のプロと出会いノウハウを教えてもらえたことです。
洗濯は、Yシャツのアイロン掛けをする実技試験もあるクリーニング師の国家資格まで取得できました。
私のやっていることは、よく料理教室と間違われますが、掃除や洗濯も加えた家事教室です。
日本では家事の約8割を女性が担っているとされていますが、料理/掃除/洗濯がマルチタスクで進められている頭脳労働です。
一部だけでは、女性が嫌う「家事を手伝う」ことしかできません。
どうせなら全部できた方が、男性も何かと便利だと思います。
今後、高齢者の独居、老々介護だけでなく、2040年には家族形態のメジャーは単独世帯(独居)で40%に迫ると予測されています。

カジオスはもともと、男性高齢者の方に家事を教えることを想定していましたが、現役で働く世代でも必要とされていることを知りました。
男女共同参画、女性活躍、働き方改革など、女性が社会で働きやすくなるためには、男女の家事シェアが重要だという事です。
世の中的には、家事をやり、育児をやり、もしかすると介護まで担っている女性に、社会に出て働いて!と言っています。
男女の無償労働を比較すると、女性が男性の5.5倍担っているとする内閣府のデーター(2020年)があります。
事業を通して、どこかをトレードオフしないと、輝きながら社会で働くのは無理だという女性の切実な思いを肌で感じています。

このような状況ですので、劇的に男女の家事シェアが進むのかというと、なかなか進んでいないのが現実のようです。
その原因の1つが、女性目線でばかり家事が語られている事だと気付きました。
家事をするお母さんを手本として見て育ってきた女性と、働くお父さんを意識しながら育ってきた男性。
家事に対する規模感や知識、考え方が大きく違う男女が一緒に暮らします。
しっかり擦り合わせをしないで女性基準が正解!としてしまうと軋轢が生まれます。
新入社員には優しく教えられても、パートナーには優しくない口調になる。
これは私の偏見が強いかも知れませんが、実際の家庭には間間あることです。
対岸に立ち、男性目線で家事を眺めてみると、家事シェアのプロセスが見えてきます。

男性には男性なりの家事に関わるアプローチがあると考えています。
家事と仕事は似ている点が多くあり、仕事力が家事力をつけるうえで非常に役に立ちます。
また逆に、家事をすることは仕事のシミュレーションになり、生産性も上げると感じています。
「段取り」「予算管理」「納期管理」「衛生管理」・・・
このような点を考えると、男性に家事は案外向いているということに気が付きます。

子どもも料理をすると脳の前頭葉が活性化するとの研究結果があります。
やり方次第で、これは家事全般について当てはまるのではないかと考えています。
コンピューターやAIが普及していく中で、人間らしい想像力を養う重要性は増すでしょう。

本来は生活の基本となり、人を元気で幸福にするはずの家事が、現代では人を不幸にしつつあります。
男性が外で稼ぎ、女性は家を守る、という時代ではなくなりました。
定年退職すれば尚更の事で、人生100年時代と言われ、定年退職後が余生ではなくなりました。
育児介護休業法も改正され、働き方改革、ワークライフバランスなど、男性も家事をした方が生きやすい時代が既に来ています。
生活環境やRAS効果も考慮しながら、義務感からだけではなく自発的に継続できる家事の普及を目指しています。

カジオス®の名前は、家事をする男性の背中を押す、家事をする雄からの着想です。
家事という手段を使って、現役世代の仕事と家事の両立、家事シェアの促進、生きがい・役割の創出、健康寿命の延伸などを実現することで、若い世代が社会保障費負担に押しつぶされず、将来に希望の持てる社会を提供したいと考えています。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

048-234-1617
勧誘のお電話・メールはご遠慮下さい。
Scroll Up