お問い合わせ

家事シェア実現の方法

男性は料理をしないのではなく、出来ないのです。

内閣府が行った「男女共同参画社会に関する世論調査」の資料を見ると

男性が料理について
しない理由  1位「料理を作れない」
作れない理由 1位「作り方、手順が分らない」
もっと知りたい事  1位「料理のコツ」
困る事  1位「跡形付けが面倒」

女性が夫の料理について
困る事  1位「後片付けしない」、2位「キッチンを汚す」

「ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」で、家事・育児を今まで以上にする為に何が必要か、という質問には、
1.残業が減る、2.有給休暇が増える、3.配偶者とのコミュニケーション、4.職場の人員配置、5.家事・育児のスキル、の順番でした。

政府は「全ての女性が輝く社会」を目指し、女性の活躍促進の取組みをしています。
一方で、家事の8割以上を女性が担い、その7割以上が料理と掃除です。女性は、社会で働き、家事も背負う。家事のトレードオフは進めないといけません。

多様な働き方、ワークライフバランス、有給休暇取得促進など、色々な取り組みがされています。
しかし、上記調査で見えた問題を解決しないと、女性の負担だけが増えます。
女性の社会進出が進んでいるアメリカでは、家事シェア男女比1:2です。

家事シェアをしたければ、男性に家事スキルを身に付けてもらうしかないと、調査は示しています。

カジオスで家事シェアできるスキルを、短期間で身に付けて下さい。
料理をゼロから始める方が対象です。準備の段取りから始め、キッチンを綺麗にして終わるまで。
掃除もハウスクリーニング業者さんがされるレベルまで対応可能です。

3000円の体験レッスンでカジオスを試してみて下さい。
トップページの「お問い合わせ」でご質問頂ければ、詳しくお応えいたします。

お気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ

048-234-1617
勧誘のお電話・メールはご遠慮下さい。
Scroll Up